IT大国?モーリシャス・エチオピア

アフリカは資源が多く人的資源も豊富なことから、ようやく日本政府も本腰を入れてアフリカ支援に乗り出しました。昨年、アフリカの首脳陣が一様に日本に集まってTICADの会議を日本の首都東京で開催したことは人々の記憶にも新しく、日本とアフリカの僑居な結びつきを世界に向けてアピールすることができました。日本は中国よりも支援の面において後れを取っており、TICAD会議を受けて急速に国と国との興隆が加速することが伺えます。中国はアフリカの資源を独占し、さらには現地の人々に対して雇用創出をせずに中国人のみで独占を続けていることから現地の人々は言うまでもなく、その国の政府からも反感を買っています。そこへ日本の投資が入ってきたことには、言わば神の手が差し伸べられたようなもので、資源を分けあってともに発展をしようという姿勢を各国篠生に向けてアピールすることができました。 さて、IT大国といわれるモーリシャス・エチオピアは、希望の星として投資が相次いでいます。エチオピアというのはあの地域の中でも人々の教育水準が高く、クーデターが起こる前までには海外で活躍をするエイトピア人が多数いることで知られる地域でありました。マダガスカルの北に位置するモーリシャスも同様に地理的な恩恵を受けており、IT大国として目下発展中であります。この大陸は長い間ヨーロッパの植民地であったために、植民地としての地位に甘んじ、更には搾取の対象とされてきました。しかしながら、1960年代以降、この地域の民族独立運動が活発化したことを受けて逆に旧植民地としてのメリットを前面にアピールすることが出来るようになりました。モーリシャスはフランスの植民地であったことから、フランス語や英語教育が盛んに行われたために、その言語を活かした仕事の受注が急増しました。ITという距離を感じさせない産業の恩恵を受けて急速に発展している地域の一つであります。

ホテル予約サイト

シンガポール満員御礼ホテル

駅や人気のシンガポール観光地に近いホテルを地図から選べる

グアムホテル トリップワサビ

屋外プールは外せない。的を得たグアムのホテル一覧

上海満員御礼ホテル

パワースポットが多い中国の上海。ホテル選びはこちらから