アフリカからうなぎ輸入?

2014/08/20

ここ数年、ウナギの価格の高騰が話題になっていますが先日の事、うなぎが国際保護の対象生物と言う事が決定し、ますます庶民の口にウナギが入り難くなりつつあります。国産にしても輸入ウナギにしてもこれからはウナギが高騰するのは目に見えていますが、それでも新しい形でウナギを輸入しようと研究が進んでいます。例えばアフリカからうなぎ輸入と聞くと誰もが驚くでしょうが、今の社会情勢と研究技術からするとさほど不思議な事ではありません。アフリカは最後の楽園と言われ、同時に希望の大地アフリカとも言われています。資源に乏しい日本ですが反面、資源を見つける事にかけても優れています。その希望の地がアフリカです。そのアフリカからうなぎ輸入が現実となりつつあり、一般庶民の口に入る日もそう遠くないところにあります。資源の豊かなアフリカでは広大な自然と生物があり、これから大きな発展が予想される国です。そういう事からアフリカ産うなぎが珍しくなる日がやってくる事だと思います。

ピックアップ

人気エリア別札幌コーヒー店巡り